【ルシード】薬用デオドラント高密着クリームを使ってみた感想と評価

目安時間:約 8分

 

最近は男性用のデオドラント製品が増えましたよね!

 

「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」も、男のワキ汗とニオイをW殺菌して、加齢臭までスッキリ対応してくれるとあって、私としても試さずにはいられません!

 

使い倒してみた結論としては、ドラッグストアで約700円ほどで購入できる市販の制汗クリームとしては、十分な「制汗効果」と「殺菌効果」を発揮します。

 

もうね、

ここ数年で、市販の制汗剤のレベルは、格段に優れた効果を発揮するようになったと実感しました。

 

ワキガと多汗症に20年以上付き合ってきた私が、「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」の良し悪しをまとめてみましたので伝えていきたいと思います。






「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」はワキガに効果があるのか?

結論から言ってしまうと、「ワキガのニオイ」に対しては、少々不安が残る感じです💦

 

というのも、

値段は安いのだが、制汗効果も含めたワキガに対する効果はあるのですが、少々効果持続時間が短くて、パッケージにもあるように、「長時間効く」感じは無かったし、何より「40歳からのニオイ対策」というフレーズに惹かれたのですが、どこが??という感じでした。

 

トラック乗務員さんや、基本1人作業の仕事をしている方などは、値段は安いので半日ごとに塗りなおしたりして使えば非常にコストパフォーマンスに優れているし、「ワキガのニオイ」に対しての効果も十分満足できるでしょう。

 

一方で私のように、

仕事が屋外作業で非常に汗をかく職種だと、「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」の効果に満足できないでしょう。

 

「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」の費用対効果は?

とにかく安いです。

 

Amazonで600円ぐらいだし、ヤフーショッピングでは400円ほどで売っていました。

 

チューブタイプで内容量も30グラム入っているので、1日1回の使用で1ヶ月間は使うことが出来るし、コストパフォーマンスは非常に優れていると実感しました。

 

「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」の使い心地は?

上の写真を見ると、クリームに少しグレーっぽい色がついていますが、肌に塗れば白残りしたりとかすることはありませんでしたが、「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」を塗ったわきを、黒いシャツなどで拭ってみると、白い粉みたいなものが付着するんですよね💦

 

これって、パッケージにもあるように、密着炭配合と書いてあるが、成分を見ると「白色活性炭」となっているので、こいつが白い粉の正体だと思うが、黒いインナーシャツだと脇の部分を汚してしまうので、洗濯すれば取れるといってもあまり気分のいいものではないですよね。

 

ちなみに、

デオナチュレシリーズの「さらさらクリーム」なんかも、ミョウバンの成分で同じような白い粉で、インナーシャツが黒いと汚れが目立ちます。

 

と言っても、

それ以外にデメリットは無く、「無香料」なので「ワキガのニオイ」と混ざり合うことも無いので安心だし、クリームののびも硬くも無く柔らかくも無くで、非常に使い心地がいいし、速乾性なので時間のない朝でも手間を感じることはありませんでした。

 

そして、

1週間ほど使い続けましたが、「肌荒れ」や「肌のかゆみ」を感じることのなかったです。

 

さらに、

私は足も臭いので、「足指」にも使用してみましたが、しっかり足のニオイを抑えてくれたし、なにより足指がサラサラだったのは「吸着炭」の効果だったのかなと感じました。

 

「ルシード薬用デオドラント高密着クリーム」の総合評価とまとめ

この「40才からの頑固なニオイ・汗予防に長時間効く」というのは、ワキガの私にとっては物足りなく感じました。

 

そもそも、

パッケージに「ワキガ」に効くとも表示していないし、あくまで「わき」と「足指」用に開発された制汗クリームなので、私が期待しすぎた感はありますが、それでも「ワキガのニオイ」には一定の効果がありましたので、「コストパフォーマンス重視」なら十分満足できるクリームでしたよ!





この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

【ワキガ男子公認】私が職種ごとに合うワキガクリームを提案します。

私が愛用するワキガクリーム

ワキガと多汗症歴20年以上の私が、テサランクリアを実際に使い倒して真剣に検証しました。

⇒詳細レビューはこちら
こんな人が書いています
管理人:ブログプランナー jun

40代からのワキガ対策を楽しむため、今までの悩みや20年以上してきた色々な対策をお伝えし、参考になる情報を発信し続けていきますね。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒プライバシーポリシー
カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
アーカイブ archive

ページの先頭へ