ワキガに効果のある石鹸はドラッグストアの市販品で十分です!

目安時間:約 5分

ワキガに効果のある「石鹸」や「ボディソープ」は、「殺菌効果」に優れていれば、ハッキリ言ってどんな石鹸でも構いません。

 

ちなみに私が愛用している石鹸は、「薬用柿渋ボディソープ」なんですが、「殺菌・抗菌効果」に保湿成分も配合されている優れものなのに、値段も800円ほどで「コストパフォーマンス」も最高な石鹸なんです。

 

詰め替え用もあって、近所のドラッグストアにも置いてあるので、2年ぐらい愛用しています。

 

今回はコスパ最強の「薬用柿渋ボディソープ」がなぜ「ワキガ」に効果があるのか?

 

その成分をわかりやすく説明していきます。





有効成分に殺菌効果があるか?

「薬用柿渋ボディソープ」には有効成分で「イソプロピルメチルフェノール(シメン_5_オール)」が配合されています。

 

この「イソプロピルメチルフェノール(シメン_5_オール)」や「ミョウバン」などが有効成分なら「殺菌効果」に優れているので、ワキガなら意識して使用するようにしましょう。

 

ドラッグストアなどで簡単に確認する方法は、商品名に「薬用」とついていたら、ほぼ有効成分は上記2種類のどれかですから、参考にしてみて下さい。

 

消臭成分が配合されているか?

主な消臭成分は「ミョウバン」や「柿タンニン」や「茶エキス」なのですが、「茶エキス」より効果が高いのは「ミョウバン」や「柿タンニン」で、昔から体臭予防に使われてきた「代表的な成分」ですので使って間違いありません。

 

保湿成分が配合されているか?

肌が乾燥するほど汗や皮脂の分泌が増えて、その分「ワキガ臭」も強力になるので、潤い成分でしっかり肌を保湿しておく必要があります。

 

保湿成分としては、「グレコシルトレハロース」や「ヒアルロン酸」が代表的なのですが、お値段も高めの商品が多いです。

 

コスパ的にもおすすめの保湿成分は「アロエエキス」や「海藻エキス」に「濃グリセリン」などで、だいたいの薬用石鹸に配合されています。

 

あと、

ワキガと言えば、「無香料」であれば言うことないんだけど、石鹸なので何かしらの香りがしますので、控えめの香りのものを選びましょう。





この記事に関連する記事一覧

comment closed

【ワキガ男子公認】私が職種ごとに合うワキガクリームを提案します。

私が愛用するワキガクリーム

ワキガと多汗症歴20年以上の私が、テサランクリアを実際に使い倒して真剣に検証しました。

⇒詳細レビューはこちら
こんな人が書いています
管理人:ブログプランナー jun

40代からのワキガ対策を楽しむため、今までの悩みや20年以上してきた色々な対策をお伝えし、参考になる情報を発信し続けていきますね。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒プライバシーポリシー
カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
アーカイブ archive

ページの先頭へ