【知識】pHを理解すれば「ワキガ対策」に役立ちます。

目安時間:約 3分

 

pH(ピーエイチもしくはペーハー)とは、日本語で「水素イオン指数」といいます。

 

そして「ワキガ対策」でpH値を理解すれば効果的な対策が出来ます。






pHとは、その液体が酸性なのか、アルカリ性なのかを表す尺度で、1~14で表し、真ん中の7が「中性」で、7より小さいと「酸性」で、7より大きいと「アルカリ性」となります。

 

もちろん純粋な水はpH値7の「中性」です。

 

汗のpH値は6前後で、人間の肌に優しいとされる「弱酸性」ですが、暑い日にたくさん汗をかいたり、汗が蒸発して水分が失われたりするとpH値は高くなって「アルカリ性」となります。

 

もちろん、

皮膚の常在菌が汗の成分を分解しても「アルカリ性」となり、強烈なニオイを発することになります。

 

ということは、

汗のph6前後の「弱酸性」では「ほぼ無臭」なのでワキガ対策は、

 

「いかにわきの下の環境を弱酸性の状態で保つか」

 

が重要なんですよね。

 

しかも、

酸性の環境では皮膚の常在菌(細菌)が繁殖できないのです。

 

ということで、

「pHを制する者はワキガを制す」のではないでしょうか!

 

今後のニオイケアにかなり役に立つものなので、pHの理解を深めておきましょう。



この記事に関連する記事一覧

comment closed

【ワキガ男子公認】私が職種ごとに合うワキガクリームを提案します。

私が愛用するワキガクリーム

ワキガと多汗症歴20年以上の私が、テサランクリアを実際に使い倒して真剣に検証しました。

⇒詳細レビューはこちら
こんな人が書いています
管理人:ブログプランナー jun

40代からのワキガ対策を楽しむため、今までの悩みや20年以上してきた色々な対策をお伝えし、参考になる情報を発信し続けていきますね。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒プライバシーポリシー
カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
アーカイブ archive

ページの先頭へ