【ワキガあるある】すごく汗をかいた日より、あまり汗をかかなかった日の方が「ワキガ臭」が強力になる件

目安時間:約 6分

 

「今日は暑くてめちゃくちゃ汗かいたな〜」

って日に、

仕事から帰ってきて、アンダーウェアの脇部分をニオイを嗅いでみても、「ワキガ臭」がしないことありませんか?

 

それとは逆で、

涼しくてそんなに汗をかいていないのに、仕事中に「ワキガ臭」を感じて、ビックリすることありますよね。

 

今回はそんな「腋臭人」しか分からない「あるある」から悩みが無くなるとっても効果的な対策を考えます。

 

真夏だからワキガ臭が強力になるとは限りません。

アポクリン汗腺から分泌される汗に含まれる「皮脂」や「タンパク質」などが「ワキガ臭」の原因ということは知ってますよね。

 

そして、

そのアポクリン汗腺は、「わきの下」や「乳首」や「下腹部」など部分的に分布しています。

 

他方で、

エクリン汗腺は全身に分布していて、暑い日は汗を分泌して、皮膚の体温を下げる役割をしています。

 

なので、

多量に汗をかくことと「ワキガ臭」は比例しているとは限らないんですよね。

 

逆に言えば、

真冬は体温を下げる必要がないので「エクリン汗腺」からの発汗はあまり無いけど、ワキガ臭を普通に感じますよね。

 

ワキガ臭が一番強力になる環境は「アポクリン汗腺」からの汗が「エクリン汗腺」からの少量の汗と混ざってしまうこと。

 

そうすると、
混ざった汗が脇の下をしっかり湿らせて、常在菌の繁殖を爆発的に増やす環境になるので、ワキガ臭が強力になってしまうんです。

 

逆に、

アポクリン汗腺からの汗を、エクリン汗腺からの大量の汗と混ざると、アポクリン汗腺の汗が薄まって身体を流れ落ちていくので、脇の下で常在菌が活動しにくくなる環境となり「ワキガ臭」が抑えられていると私は考えます。

 

夏にデオドラント製品が売れる理由を考える。

春先ぐらいから「デオドラント製品のCM」って増えますよね。

 

あれって「エクリン汗腺」から分泌される汗は無臭だけど、そのままにしておけば誰でも汗臭くなるので、そのための製品です。

 

皮膚の常在菌は全ての人に存在しているというか、なくてはならない存在です。

 

だから、

汗臭くなるのは全ての人に当てはまる状態なので、制汗剤などのデオドラント製品は売れて当然ですよね。

 

勘違いしててはいけないのが、「ワキガ臭」と「汗臭さ」は全くの別物ということ。

 

なので、

CMで放送しているような「汗臭さ」を抑えるデオドラント製品で「ワキガ対策」なんて出来るわけがないんです。

 

しかも、

日本人のワキガは10人に1人の割合なので、「ワキガ対策」のための製品をCMに流したって、対象となる人が少ないので「費用対効果」は得られないし、そもそもワキガを自覚していない人も多いから、必然的にネットなどの口コミによる販売となるし、その代わり「ワキガ対策製品」は1年中需要があると思います。

 

ワキガ対策は季節に関係ないんです。

要するに真夏だからって「ワキガ臭が強力」になる訳でもないし、真冬だから「ワキガ臭が弱く」なる訳でもないって事。

 

アポクリン汗腺からの発汗は、体温を下げるためではなく、フェロモンの一種と言われているので、気温にも比例しないです。

 

しかも、

アポクリン汗腺からの発汗は「精神性発汗」と言って、ストレスや緊張など精神的な刺激も発汗するので、季節なんて関係ないんです。

 

「温熱性発汗」でもアポクリン汗腺から発汗しますが、エクリン汗腺からの発汗の方が圧倒的に多いしね。

 

以上のことを踏まえ考えてみると、

ワキガに悩んでいる割には「ワキガの知識」が乏しい人が意外に多くて、知識を深めると効率的で効果的なワキガ対策が出来るし、ワキガ臭が強力になるであろう環境やタイミングを予測できて対策もしやすくなるので、確実に毎日のワキガの悩みが軽減され解消していくので、ワキガの知識をもっと深めましょう!

 

YouTubeでの動画配信もチェックしてみて!

 

 

一度きりの人生、楽しくいきましょ!!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

【ワキガ男子公認】私が職種ごとに合うワキガクリームを提案します。

私が愛用するワキガクリーム

ワキガと多汗症歴30年以上の私が、テサランクリアを実際に使い倒して真剣に検証しました。

⇒詳細レビューはこちら
こんな人が書いています
管理人:Deo

40代からのワキガ対策を楽しむため、今までの悩みや30年以上してきた色々な対策をお伝えし、参考になる情報を発信し続けていきますね。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒プライバシーポリシー
カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
アーカイブ archive

ページの先頭へ