太っていると「ワキガ・多汗症対策」の効果が半減してしまいます。

目安時間:約 5分

「体重97kgのワキガ」と「体重73kgのワキガ」だと、どちらのワキガのニオイが強力かわかりますか?

 

もちろん「体重97kgのワキガ」のニオイの方が強力になってしまいます。

 

さらに、

太っていると「ワキガ」だけでなく「多汗症」もひどくなります。

 

現在の体重が73kgの私が、約1年前の体重97kgだった頃の私と比較して、「ワキガ」と「多汗症」の症状がどれだけ変化したのかを伝えていきますね。





太っている人はなぜ汗を大量にかくのか?

1年前の体重が97kgの時は、食事をしただけで汗をかいていました。

 

辛い物を食べたわけでもないのに…💦

 

汗をかきやすい人は、大きく分けると2種類存在します。

 

  • 皮下脂肪が多く身体の熱が逃げにくい肉厚な人(おデブさん)
  • 熱をたくさん作る身体をしている人(代謝が高いスポーツマンなど)

 

要するに、おデブさんは皮下脂肪が断熱材となり、身体の熱を逃げにくくしていて、少し運動したり食事をしたりして、上昇した体温を抑えるために、汗を大量にかいて熱を発散させるしかないんですよね💦

 

だって、

家族4人で同じメニューの食事をしても、私だけタオル持って食事してましたかねぇ~(笑)

 

現在は体重73kgとなり、食事などした時の発汗量はあきらかに減りましたよ!

 

痩せたことによって皮下脂肪が減り、自然に体温の上昇を抑えることができ、汗を大量にかく必要がなくなったということなんです。

 

汗をかかなくなれば「ワキガのニオイ」も抑えられます。

 

多汗症の症状もかなり軽減されて、「衣服のわき汗のシミ」も面積が小さくなったと実感しています。

 

太っていても「アポクリン汗腺」の量は変わらない。

太っている人が汗を大量にかきやすいことは、理解できたとおもいます。

 

でも、

痩せったって「ワキのアポクリン汗腺の量」は変わらないから、ワキガのニオイも変わらないのでは?と思いますよね。

 

1年前と比べて24kg痩せた私が実感として断言します!!

 

ワキガのニオイも多汗症も症状はかなり軽減されました!!

 

発汗するときは、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」からも発汗するんだから、痩せたことによって物理的に発汗量が減れば、症状が改善されるのは至極当然のことですよね。

 

痩せて気付いたワキガにとって重要なこととは?

元おデブさんだから、痩せて気付いたことがあるんです!

 

ワキガと多汗症にとって非常に重要なことで、

 

痩せると物理的に脇が蒸れにくくなるんです!

 

どういうことかというと、太っていると「二の腕」も「上半身」も太いから、脇は「万歳\(^o^)/」しない限り、ずっと肌が密着状態だから、常に蒸れているんですよ。

 

しかも、

痩せると「万歳\(^o^)/」したときに、ワキの部分が凹むんですね💦

太っている時は「万歳\(^o^)/」してもワキの部分は「ビール腹」のように脇が膨らんでいるんですよ!

 

それが、

痩せると二の腕も細くなるし、嫁さんの胸より大きかった身体も引き締まって、服を着ていても脇に風を感じるようになり、常に蒸れた感じがなくなったんです!!

 

この差が一番ありがたく感じたことでした(笑)

 

「ワキガ」と「多汗症」に悩んでいる「太っている人」は、とにかく痩せて、幸せなワキガライフを手に入れましょう。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

【ワキガ男子公認】私が職種ごとに合うワキガクリームを提案します。

私が愛用するワキガクリーム

ワキガと多汗症歴20年以上の私が、テサランクリアを実際に使い倒して真剣に検証しました。

⇒詳細レビューはこちら
こんな人が書いています
管理人:ブログプランナー jun

40代からのワキガ対策を楽しむため、今までの悩みや20年以上してきた色々な対策をお伝えし、参考になる情報を発信し続けていきますね。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒プライバシーポリシー
カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
アーカイブ archive

ページの先頭へ